Column

2018.12.14

【店長応援企画・店長のミカタ】とにかく早く面接できるHRテック活用術!(前編)・Regulus Technologies株式会社 伊藤翼さん

メイン画像

おもてなしの国ニッポン。その世界最高峰のサービス力を支えるのは、間違いなく現場を仕切る店長。しかし彼らが輝くためには、昨今の人手不足は看過できない喫緊の課題です。中でも、採用現場で頭を抱えるのが「面接に来ない問題」ではないでしょうか。

貴重な応募が面接に至らないのは、店長にとって相当なストレス。そもそも面接に来ない最大の原因は、応募者のココで働きたいという熱がすぐに冷めてしまうから。要は面接までいかに早くたどり着けるかが勝負となるのです。

今回はそんな店長へ2つのサービスをご紹介。まずは前編として、面接日程調整システム「オートークビズ」を提供するRegulus Technologies株式会社・CEOの伊藤翼さんと、ツナグ働き方研究所所長・平賀の対談の模様をお届けいたします。

※後編 動画面接プラットフォーム「HARUTAKA」 ZENKIGEN野澤比日樹さん

642fdb6516c652e65e25a0c41b2ab365e66d4c98.jpg

面接日程調整システム「オートークビズ」

平賀
伊藤さんが、面接日程調整を完全自動化する「オートークビズ」のサービスを立ち上げようと思ったきっかけは?
伊藤
ある企業の採用担当者に「面接の日程調整ができず、求人広告費のコストが上がってしまう」という課題をいただいたのが最初ですね。例えば10人応募があったとしても、面接の日程が調整できるのはそのうちの半数で、実際に面接にまでこぎ着けられるのは結局2人だけ。それはものすごく無駄だなと感じて、チャットボットでその悩みは解消できるのではないかと思い付いたんです。
平賀
まさに、応募のうち何人が面接までたどり着くのかが、今、最大の採用の課題です。求人広告に10万円の広告料を払って、応募が来たとしても、結局面接できないなら、その広告費は無駄になってしまいます。いまだに「どこにいくら使うか」しか目が行かず、この課題を放置しているケースがとても多い。
伊藤
以前はどれだけ応募者を増やすかという観点が主流でしたが、今は採用者と応募者の優位性が逆転しつつあって。人事担当者の対応が悪ければ、応募者はすぐに他に流れてしまう時代ですから。
83fc5950681309eb4dae2f272e237f319d230c54.jpg

リテラシーが高くない採用担当者も簡単に対応できるインターフェースを目指す

平賀
この1年くらいの間で、HRテックという言葉も随分浸透して、AIやITを採用の場面で取り込む必要性を感じる人事担当者も急増しているという実感があります。
伊藤
去年の7月にHRテック系の展示会に出展して、その時もお客さんの中で課題感は見えていたように思いますが、それが急速に本格的なニーズにつながって、市場が見えた感じですね。働き方改革が叫ばれ出したのも大きいと思います。意識が変化して、サービスを利用した人の口コミで広がっていきました。
平賀
「オートークビズ」の優位性というか、独自性はどういうところにあると捉えていますか?
伊藤
採用担当者がいかに簡単に使えるか、です。特にアルバイト・パートを採用したい顧客││小規模な飲食店やアパレル店など、店舗で面接するようなところの店長さんは、日々、それほどITに慣れ親しんでいない方も多いので。これまでにあった採用システムは、機能が豊富な反面、それを使いこなすのが難しいという声が多かったんです。システムを導入しても現場の担当者が使いこなせず、実際の稼働率は50%以下とか。とにかく機能を絞り込んで、インターフェースの使い勝手にこだわりました。実際に飲食店の担当者の方にプロトタイプを使ってもらいながら開発を進めていったり。
平賀
機能を削り、シンプルに。
伊藤
極力できるところは自動化しました。忙しい店長や採用担当者は時間を割くことができないですから。応募~面接日程の調整までは自動化で進んでいく。店長は確認するだけくらいにしたかったんです。
平賀
担当者がパソコンやスマホで何かを入力する手間やステップを極力少なくするということですか。
伊藤
そうですね。できるだけボタンをクリックさせないインターフェースを目指しました。
regulus_otalkbiz.jpg

システムで自動化できるところはボットに任せて、店長はもっとクリエイティブな仕事をする

平賀
デジタル機器に、若い応募者は物心ついた頃から慣れ親しんでいるので、メールやチャットでのやりとりに嫌悪感は全くないし、むしろ応募の利便性は上がっています。
伊藤
スピード感も上がってます。今の若い世代の方たちだと、LINEでのやりとりが当たり前なので、応募したものの「既読か未読か分からない」とか「どうして返事するのに1日もかかるのか」みたいな状態は、すごくストレスなんですよね。
平賀
そう。そのスピード感のギャップが面接につながらない最大のポイントなんです。採用側のレスポンスが致命的に遅いんですよ。でも店長の「そうは言っても忙しいんだよ」という気持ちも分かります。
伊藤
だから「自動化」なんです。
平賀
応募者を取り逃がすことなくスピーディに面接までこぎ着けるためのシステムということですね。
伊藤
そして、オートマチックに合理化できるところがあるならば、それはシステムに任せて、店長も採用担当者も、もっと別の部分に注力しましょう、もっとクリエイティブなことをしましょう、という思いもあります。というか、それが弊社のヴィジョンそのものでもあるので。
b25a1a6332c0e54645fff7cbe2e0a4df932e0a11.jpg

※後編 動画面接プラットフォーム「HARUTAKA」 ZENKIGEN野澤比日樹さん

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナグ・ソリューションズ)担当 牧戸(まきと)
Tel:03-3569-2790
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

regulus_prof.jpg

伊藤翼(いとう つばさ)

Regulus Technologies株式会社 CEO
慶應義塾大学 法学部中退。大学を中退後に、複数のスタートアップを経て、フリーランスエンジニアとして独立をする。エンジニアリング支援を様々な企業に行いながら、2016年にはRegulus Technologies株式会社を立ち上げるに至る。2018年、同社を株式会社ツナグ・ソリューションズに売却。現在はツナグ・ソリューションズグループでノウハウを活かし、HRTech関連の事業に従事している。

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任、今に至る。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)がある。