News

2020.05.11

【掲載情報】日経MJの「コロナ、バイト求人にも影 流通サービス募集広告、4月27%減」に平賀のコメントが掲載

日本経済新聞社が発行している消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙『日経MJ』にて所長 平賀のコメントが掲載されました。

新型コロナウイルスの感染拡大は、流通サービス業で働くパート・アルバイトの雇用や働き方に大きく影響を及ぼしています。求人数が大きく減少していたり、生活インフラを支える業種などで働く(エッセンシャルワーカーの)時間が増えたりと、困惑している人が多いことが分かってきました。 そこで、ツナグ働き方研究所 所長の平賀が、流通サービス系の求人推移や今後の動向について、特集記事にコメントいたしました。

媒体情報

『日経MJ』(日本経済新聞社)2020年5月4日
「コロナ、バイト求人にも影 流通サービス募集広告、4月27%減」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO5871371001052020H34A00/

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス)担当 和田
Tel:03-3501-0279
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任。2019年よりツナググループ・ホールディングス エグゼクティブフェロー就任。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)、『パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド』(かんき出版)、『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)。
平賀充記メディア出演・講演情報