News

2020.06.17

【掲載情報】東洋経済オンラインに平賀が『「一蘭」スタイルを他のラーメン店も真似る訳』を寄稿

東洋経済新報社が運営する経済関連ニュースを中心とした情報配信プラットフォーム『東洋経済オンライン』に所長 平賀が寄稿いたしました。

美味しいものをより安全に。ラーメンの味に集中するために開発されたカウンターの仕切りが、「飲食店のニューノーマル」となりうるひとつのカタチが提示されています。

飲食店の中でもラーメン店は特に、小規模店舗が多く密になりやすい業態です。カウンターの仕切りは、隣のお客さんがラーメンをすすったときにスープが飛び散るといった問題を防ぐという点においても、効果的な工夫かもしれません。

営業再開が本格化する飲食店において、新しい食の様式への環境の変化などを具体的な店名を挙げて解説いたしました。

媒体情報

『東洋経済オンライン』(東洋経済新報社)2020年6月16日
「一蘭」スタイルを他のラーメン店も真似る訳
コロナ対策に苦闘する飲食店が打ち出す工夫
https://toyokeizai.net/articles/-/356968

執筆のご依頼はこちらまで

https://tsuna-ken.com/contact/

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス)担当 和田
Tel:03-3501-0279
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任。2019年よりツナググループ・ホールディングス エグゼクティブフェロー就任。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)、『パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド』(かんき出版)、『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)。
平賀充記メディア出演・講演情報