News

2020.12.09

【掲載情報】47NEWSに平賀が『2022年卒の就活、悲観しなくてもいい理由』を寄稿

47都道府県52新聞社のニュースと共同通信の内外ニュースを束ねた総合サイト「47NEWS」に、所長 平賀が寄稿いたしました。

2021年新卒、つまり現在の大学4年生、大学院2年生の採用活動はコロナ禍で混迷を極めたことでしょう。2月頃には、感染拡大によって会社説明会が次から次へと中止に。緊急事態宣言発令後は、オンライン面接など、これまでの新卒採用ではあり得なかった手法を用いる企業も増えました。
そして新たに始まる2022年卒の就職活動については、コロナ禍でも悲観しなくてもいい理由をご説明しております。

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス)担当 和田
Tel:03-3501-0279
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任。2019年よりツナググループ・ホールディングス エグゼクティブフェロー就任。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)、『パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド』(かんき出版)、『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)。
平賀充記メディア出演・講演情報