F

O

L

L

O

W

 

U

S

W

e

l

c

o

m

e

t

o

T

s

u

n

a

k

e

n

!

W

e

b

s

i

t

e

ツナグ働き方研究所

【掲載情報】東洋経済オンラインに平賀が『リモート強制された大学生たちの偽らざる本音』を寄稿

東洋経済新報社が運営する経済関連ニュースを中心とした情報配信プラットフォーム『東洋経済オンライン』に所長 平賀が寄稿いたしました。

文部科学省は、2021年度における大学の授業実施等について、十分な感染対策を講じたうえで対面授業の実施や学内施設の利用機会の確保など、学生の学修機会や環境の確保のため、必要な取り組みを行うよう各大学に求めました。
これを受け、多くの大学では新型コロナウイルスの影響によるオンライン中心の授業から一転し、2021年の新年度からは対面授業を増やす動きが顕著でした。
ところが、感染拡大が深刻な大阪府をはじめ、大学が密集する京都府など関西エリアの各大学は続々と授業を「原則オンライン」に変更することを決めました。

新年度のスタートからわずか2週間で昨年の状況に「逆戻り」の状況におかれる学生の現状を解説しております。

◆本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス)
担当 :和田
 ※お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。