Report

2018.09.20

今月の気になる有効求人倍率(2018年9月):金足農業に胸アツの夏・秋田県「農林漁業」

メイン画像

有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に申し込まれている求職者数に対する求人数の割合。採用の難易度を表す指数です。
第100回全国高校野球選手権大会で準優勝に輝いた金足農業がある秋田県。その健闘ぶりを注目して観ていた方も多いのではないでしょうか。

今回は秋田県における「農林漁業」の有効求人倍率に注目しました。
7月の秋田県の「農林漁業」(常用)は、1.77倍でした。ハローワークに求人票を出しているところ自体が少なく、新規募集そしているところはじつは採用難ということでしょうか。
秋田県公式サイト「美の国あきたネット」で公表されている「新規就農者の確保状況について」によると、29年度の新規就農者は221人。就農パターンは「新規学卒」:「Uターン」:「新規参入」=1:5:4とのことです。

高校球児だけじゃない・教育でもトップクラスの秋田県

ちなみに、文部科学省による「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)では、秋田県は開始以来トップ級をキープ。そんな秋田県の教育の一端を担う先生の平成29年度の競争倍率は、小学校で4.4倍・中学校で10.2倍で、小学校は全国8番目・中学校は全国5番目の競争倍率でした(文部科学省「平成29年度公立学校教員採用選考試験の実施状況について」)。

出典

秋田労働局 「求人求職バランスシート(ハローワーク別)」
https://jsite.mhlw.go.jp/akita-roudoukyoku/jirei_toukei/kyujin_kyushoku/toukei/baransu.html

美の国あきたネット 「平成29年度新規就農者の確保状況について」
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/37125

文部科学省「平成29年度公立学校教員採用選考試験の実施状況について」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/senkou/1401021.htm

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナグ・ソリューションズ)担当 牧戸(まきと)
Tel:03-3569-2790
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任、今に至る。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)がある。