Report

2019.10.21

ネットでバイトを探す主婦は5割。派遣・単発バイトなど登録型の利用者も多く、学生・シニアを上回る【アルバイト探しに利用した情報源に関する調査・主婦編】 

メイン画像

多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、2年以内にアルバイト・パートとして仕事探しを経験した主婦を対象に、最も利用・参考にした情報源について調査。2015年と比較した結果を報告します。

※その他の「アルバイト探しに利用した情報源に関する調査」結果はこちら

調査結果 トピックス

  1. 仕事探しのWEB化・アプリ化が進む。ネット媒体で探す主婦は5割
  2. 派遣・単発バイトなど登録型の利用者も多く、学生・シニアを上回る

調査結果 概要

インターネット(求人情報サイトやアプリ、SNS、求人おまとめサイトなど)でバイトを探す主婦は、2015年の38.9%から2019年は49.8%へ増加。10.9ポイントアップし、約5割の人がネットで仕事を探していることがわかった【図1】。

2019_route_sf.jpg

インターネット利用者の中でさらにスコアの詳細をみてみると、アプリで求人情報を探す人が2015年15.1%から2019年34.5%へ大幅増(+19.4ポイント)。求人情報サイトで探す人は2015年56.6%から2019年39.7%(-16.9ポイント)。求人情報サイトよりアプリで仕事を探す傾向が強まっている。アプリはスマホで手軽にアクセスでき、働きたい勤務地や時給など条件の保存も可能。利便性の高さもあり、利用比率が高まっている【図2】。

2019_route_sf2.jpg

今回の調査より選択肢として加えた、派遣や単発バイトなど登録型で仕事を探す主婦は6.9%で、学生やシニアと比べ、利用率が高いのも特徴。主婦のバイト探しにおいては、子どもの行事や習い事などで、長期のバイトはできないが、時間が空いたときに単発で働きたいという希望に合致しやすい、登録型サービスが活用されている様子がうかがえる。

■調査概要

調査期間:2019/4/19~2019/4/25
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:業種を問わずアルバイト・パートとして求職経験が2年以内にある求職者または現就業者のうち、既婚女性233人

本件に関するお問い合わせ先

ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス)担当 牧戸(まきと)
Tel:03-3501-0279
お問い合せフォームはこちら

プロフィール

平賀充記(ひらがあつのり)

ツナグ働き方研究所 所長
1988年リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)に入社。「FromA」「FromA_NAVI」「タウンワーク」「とらばーゆ」「ガテン」などリクルートの主要求人媒体の全国統括編集長を歴任。 2014年株式会社ツナグ・ソリューションズ取締役に就任。2015年ツナグ働き方研究所を設立、所長に就任。2019年よりツナググループ・ホールディングス エグゼクティブフェロー就任。著書に『非正規って言うな!』『サービス業の正しい働き方改革・アルバイトが辞めない職場の作り方』(クロスメディアマーケティング)、『パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド』(かんき出版)、『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)。
平賀充記メディア出演・講演情報